八戸市の歯科医院 あおもりデンタルケア あおデンBlog

院内での出来事や、歯科治療に関する事などを
随時更新していきます。

HOME
2019年09月02日

子供の歯並びは、食事で変化する(#^皿^#)

  • あおデンブログ
「なぜよくかむことが大切か」

ものをかむことは、子供の成長にとって、とても重要な事です。
現代では、やわらかい食べ物が増え、かむことが少なくなってきていると言われています。
物をかむ回数が少ないとあごの骨の発育が悪くなったり、唾液の量が減り虫歯になりやすい、
口臭のリスクが高くなります。

では、どうして「あごの骨の発育」が悪いとだめなのでしょうか?

それは、、、、、
あごが小さいとそのスペースに並ぶ歯は、ガタガタ、ボコボコになります。
こうした問題は、遺伝などの影響もありますが、それ以上に普段の食事のかむ回数で大きく
変わってきます。


 
あごの骨の発育に必要なこと
.よく、噛んで食べる。唇を閉じて右10回、左10回。左右バランスよく噛みます。
.頸椎を真っ直ぐに伸ばし、正しい姿勢で食べる。
  (子供ですと、イスに座った状態で足をブラブラさせるため、踏み台を置くと良い)
.子供が食べやすいように食事を作ることも大事ですが、口や顔の筋肉を育てられるように
  いつもより大きめに切る。

歯並びは、悪くなってから歯医者さんが治すだけでなく、悪くならないためにどうするかと
いうことも治療の1つです。

良く噛むための料理の「レシピ本」を待合室に置いています。
どうぞ、お気軽にお読みください!
 
最近の記事

あおデンブログ
09月02日
子供の歯並びは、食事で変化する(#^皿^#)

治療について
08月01日
「歯医者嫌い」なお子様のための治療法☺

あおデンブログ
07月19日
歯ブラシも梅雨が嫌い!

あおデンブログ
07月17日
仲間が増えました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

技工士の仕事
06月29日
「被せ物の色や形が気になる方へ」

あおデンブログ
06月03日
お口の健康状態を知る検査が、たった5分で!!

あおデンブログ
05月11日
自分のお口の状態に合わせた歯磨き粉を選ぼう!

治療について
04月23日
゛完全予約制 “

あおデンブログ
04月02日
歯ぎしり、噛みしめをそのままにしておいて大丈夫?

テーマ
アーカイブ

ページの先頭へ